antianti organics

記事一覧(29)

スキンケアの重要な要素とは

身体に自然と馴染み、分解されやすい素材であることは、スキンケアにとって最低限かつ最大に必要なことだと思います。分解されやすさは、使用感でよくわかります。肌にスーッと自然に馴染んで染み入る感じや、石けんが水でスルスルとあっという間に解けていく様、お風呂場の排水口のヌルヌルが少ないということ。逆に言えば、肌に張り付いている感じや、まやかしの、潤いという名のベタつき、排水口のヌメリの原因となる合成シャンプーやリンスのヌルヌル。分解されにくいと、いつまでたってもへばりついて取れなくて自然な代謝の邪魔になって、サイクルを崩します。だから、スキンケアは『邪魔しない』のが大切。古風な日本人女性のように、一歩下がって見守りながら、必要な時にさっと手を差し伸べる。それがアンティアンティが目指すスキンケアです。肌の自然な代謝の邪魔にならない、スムーズなスキンケアのためには、分解されやすく自然に戻りやすい、農薬は使用せずに育てられた自然の素材を使うのは必須。そのために、極力処方はシンプルに、使う素材もできるだけ最低限を心がけています。和食と同じ。素材ありき。その素材の魅力を最大限引き出して、余計なものを入れずに丁寧にいい形に整える。これは知識とテクニックのいることで、シンプルだからこそ最も難しいことと思います。素材は農作物だから個性があって、同じ品種でも時期などによって微妙に変わります。ワインみたいに、同じ品種でも育った環境などで香りや風味が変わる、それってある意味当たり前で自然なこと。ただがむしゃらに貪欲に、とにかく肌が綺麗になりたい!と色々試したり補ったりは、逆にお肌、しいては心も疲労してしまうかも。まずはお肌の力を信じてあげること、受け入れてあげること。そして、よーく観察してじっくり向き合う。心もお肌も、きちんとリセットして、整える。外面の美しさは内面と密接に繋がっていて、肌は心を映す鏡のように、化粧で隠していたとしても、内側の状態は表れてしまいます。だから、外面の美しさ=内面の美しさと言っても過言ではないと思います。美しさ=バランスの良さとも言えます。アンティアンティが考える美しさとは、顔の作りとかじゃなく、化粧で見繕った顔でもなく、自分を受け入れて人生を楽しんでいるその表情だったりで作られる、シミがあっても気にならないぐらい、内側から輝くような美しさです。そのために、毎日お肌も心もリセットして、次の日に備えることはとても大事。肌をリセットするためには、邪魔にならない、分解されやすいこと、心をリセットするには、心地よい香りとテクスチャーであること、それが美しさに繋がる重要な要素だと考えます。スキンケアは毎日使うものだからこそ、楽しんで気持ちよく使っていただきたいです。香りやテクスチャーは、内側からのアプローチとして、また、心のケアにもなる大切な要素。アンティアンティのスキンケアは、リラックスするためのもの、心を豊かにするもの、ほぐすもの。浸透するのが大事というよりは、もっと深いところに働きかける感じ。内側から美しく輝く素肌を目指して、そのひと役に、アンティアンティを選んでいただけたら幸いです。

香りの恋しい季節

空気が急に涼しくて、乾燥して、すっかり秋めいてきましたね。ワクワクドキドキする夏が終わり、秋はしっとりとちょっとセンチメンタルな気分。なんだかとても香りが恋しくなります。。。そんな最近の私の気分は、ブルーバイオレットとガーデニア。なんだかジャスミンが恋しくなるみたいです。それと、ネロリもちょっと恋しくなって。単純に涼しくなって、温かみのある香りが欲しくなったのかな、と。昨日の夜、散歩をしていると、どこからともなく、ふわりと素敵なお花の香りが漂ってきました。あ〜まさにいま欲してる、ジャスミンやネロリを混ぜたような香り!んーいい香り〜♡鼻を頼りに辿ってみたら、なんと、犯人はショッキングピンクのオシロイバナでした。小さい頃は、名前の通り、種を潰して中のおしろいみたいな粉を出したり、花の根元を引っ張ってパラシュートみたいにして遊んだり、とっても身近な花だったけど、いい香りがするイメージはなかったなぁ。オシロイバナがこんなにいい香りがするなんて…私にとっては青天の霹靂、灯台下暗しでした😳みなさんは知っていましたか??ちょっと一輪失敬して持ち帰り部屋に置いておいたら、華奢な一輪の花だけでも濃厚な香りを放って、なんだか惑わされてしまいそうな、そんな存在感があります。

美容院のシャンプー問題

先日、美容院に行きました。カットが上手なので気に入って通わせて頂いているのですが、シャンプーが合成のもので、香りがキツめ。いつも1週間以上香りが取れないので、カットでスッキリ満足しても、わたし的にちょっと憂鬱な日々が続きます。。。いつもは我慢してしまうのですが、その日は美容院後にすぐ出勤だったので、香りが邪魔しないように、アンティの⇒ベジタブルシャンプーのミニサイズを持ち込みで使用して頂きました。もちろん、予約の際に持ち込みのシャンプーが使用可能か伺った上で。ちょっと勇気がいりましたが、言ってみるもんです。快く受け入れて頂きました。でも、「お肌弱いんですか〜?」「アレルギーがあるんですか?」とか色んなスタッフの方に質問されました(´-`)私は正直に「香りを扱う仕事をしていてこの後出勤なので」とお話しました。アンティのヘアケアをお使いのお客様の中でも、同じように「カットが気に入っているからここがいいけど、シャンプーが合成のもので香りが強くて…オーガニックのシャンプーを使用しているところもあるけど、カットがいまいちで…」というお声をたまに伺います。ジレンマです。美容院選びもお見合いみたいに、実際行ってみてお店の雰囲気やカットの技術、使用しているヘアケア用品、美容師さんとの相性など、なかなか全てピッタリのところは見つかりにくいかもしれないですし、どこかしら妥協する必要もあるかもしれませんよね。私は香りがダメなだけで案外合成シャンプーでもツヤサラになるし大丈夫なんですが、やっぱり香りが何日も取れないと頭皮と髪にへばりついる気がして怖くなりますね。ほんとにアレルギーがあってアンティのじゃないとダメという方などは、一度試しに聞いてみるのもいいと思います。大抵は持ち込みを快く受け入れて頂けると思いますが、美容院側にも色々と事情があるかもしれないので、予約の際に聞いてみるのが良いと思います。ちなみに、前回長い髪をバッサリ切った時は、ドネーション(医療用カツラ作製のための髪の毛の寄付)をしました。ドネーションは賛同店でないと受け付けていない場合があり、私はたまたま美容師さんの方から「持ち帰る?」とお声がけとお気遣い頂いたのでその日に思い立って出来ましたが、本来は予め美容院に確認する必要があります。ドネーションには規格があり、切り方やまとめ方に決まりがあるので、美容院側の準備や時間配分があると思うので。私はアンティのヘアケアを長年使い続けているので、自信を持ってドネーションすることが出来ました。お役に立てたら幸いです(^-^)

香水はハーモニー香りの不思議その②

昨日のブログ⇒《動物も虜!?香りの不思議その①》でも綴りましたように、動物が反応したり惹きつけられる香りというものがあるようで、中でもシベットという香料は、かのクレオパトラも身に纏って異性を惹きつける道具として使っていたと言われています。時には、香りのスペシャリスト、錬金術師と呼ぶにふさわしいクレオパトラのように、香りを操ってみるのも面白いかもしれません。。。でも、実際のところ、人間にも効くのか??というのはちょっと不明です。なんたってシベットは、そのまま嗅ぐと排泄物の匂いがするので…>_<それをうん倍も薄めると、なんとも表現しがたい良い香りになると。香水の香りを長持ちさせるような役割や、アクセントになる香料として、名香と呼ばれる香水に使用されています。それを見つけた人ってすごい。色々試してみたり、時には偶然が重なって発見されたのでしょうね。ロマンを感じますね!香水作りの難しさ、真髄は、ここにあると思います。いい香りと思うものを全部入れたからといって、必ずしもいい香りの香水になるとは限らない。むしろ、全部の主張が激しいと、なんだか捉えどころのない落ち着かない香りになりがち。全員が主役のミュージカルみたいに、聴いてるとなんだか疲れちゃうみたいな(u_u)主役を引き立てるための名脇役がいてはじめて、主役がより魅力的に見えるものです。大事なのはハーモニーとバランス。アクの強い個性的な、ある意味では主役級の役者(香料)を、指揮者(調香師)がうまいこと操って、隠れた名脇役として全体を引き締めるいいアクセントとなって絶妙なハーモニーを奏でるのです。料理で言えば、ペッパーみたいな。奥行きと重なり、広がりと余韻。香料たちの個性がまとまって、香水瓶という一つの家に住む家族になり、時にはぶつかり合って、時間をかけて歴史とストーリーを紡いでゆく。様々な個性があるからこそ、味わい深さと予測のつかないような新たなカタチが生まれる。指揮者である調香師は、香料の個性を知りつくし、それに長年培った経験と技術とセンスで、時間差で現れる香りを計算して、頭でハーモニーを創り上げて形にしていきます。時間をかけて熟成させるので、時にはMACOTT本人ですら予想がつかないことも起こります。それが香水創りのロマンと愉しさとも言えます。偶然の手助けもあり、MACOTTにしか創り上げられないハーモニーを奏でる、唯一無二のここだけにしかない香水が生まれるのです。

動物も虜!?香りの不思議その①

青山店の前は、お散歩中のワンちゃんがよく通りますU^ェ^Uお店のドアを開放していると、すごい勢いで引き寄せられるようにして中に入ってきそうになる子や、お店の入り口に座り込んで離れなくなる子もいます。青山店はお花やさんに立派な生花を活けて頂いているので、店内はお花や香水の香りなどが漂っていて、お店の前を通り過ぎる方が、「あ、なんかいい香りする〜」と言っていかれることもよくあります。ワンちゃんにとっても、いい香りなのでしょうか?香りに引き寄せられて立ち止まるのでしょうか??そういえば、以前MACOTTの香水をつけていた時に、普段割とそっけない飼っているうちの猫が、にゃーにゃーとストーカー並みにくっついて離れず、香水の香りを嗅いで興奮した様子になった時がありました。猫を飼われている方はお分かりになるかと思いますが、またたびを嗅がせた時みたいに。考えてみると、その香水には“シベット”が入っていました。シベットは、雄の麝香(ジャコウ)猫の生殖器の近くにある香嚢(会陰腺)から採取する香料です。他の香水の時にはそこまで反応しなかったので、やはりシベットに反応したのだと思います。ちなみにうちの猫ちゃんは女の子です…。すごいです。人間と違い、動物には思い込みなどないので、素直に身体が反応するのですね。古代においてシベットは媚薬として用いられており、かのクレオパトラが体に塗っていたと伝えられていて、セクシーな印象を植え付けて異性を惹きつけるフェロモンのような役割を果たしていたものなのかもしれませんね。興味深い。。。

冷房病対策

冷房で身体が冷えて血流が悪くなると、筋肉が硬くなり、芯まで冷え切ってしまうと、巡りが悪くなってなかなか温まらないことも。さらに、水分が足りていないと、人によっては脚がつってしまったり、巡りの悪さから浮腫んだり…特に冷房ガンガンのオフィスで座ってデスクワークしっぱなしなんて方は、日常的に脚の浮腫みに悩まされている方も多いのでは?芯まで冷えきった身体は、湯船に浸かってもなかなか温まらなかったり、巡りを正常に戻すまで時間がかかりがち。そんな時は、お風呂で下半身中心ぬるめの湯船に浸かって、ゆっくりじっくりと温めます。そして、ある程度身体が温まってきたら湯船から出て、⇒オーガニックローズバタークレンジング(略してバタクレ)でふくらはぎを優しくマッサージします。下から上に流すように。バタクレはメイク落としですが、石鹸成分無配合なので、お顔のマッサージや体の保湿クリームとしてもお使いいただける便利モノなのです!!足の裏は軽く指圧して。(床上で滑らないようにお気をつけ下さい。)マッサージ後はそのまま馴染ませてしまってもいいですし、ベタつきが気になる方は軽く拭き取るか、ボディシャンプーで洗い流して下さい。ついでに、素足の季節のムダ毛のお手入れも同時に。カミソリ負けしやすい方は、お手入れ前に軽くバタクレを伸ばしておくと、カミソリの刃からお肌を守ってくれるのでオススメです。最後に、少し熱めのお湯とお水を交互に浴びるのを何度か繰り返すとさらに身体がポカポカスッキリしますよ♪暑かったらふくらはぎの辺りだけでも。また、電車の中で上から吹きつける冷房の風によって、首が冷えて血流が悪くなり、肩こりや頭痛の原因に。浅めの湯船に浸かって下半身を温めている間に、首を少し熱めのお湯で浸して軽く絞ったホットタオルで温めるとスッキリしますよ。そして、お風呂上がりにはついついキンキンに冷えたビール!(^з^)-☆とか思ってしまいますが、この時期は冷房と冷たいものの摂りすぎで内臓も冷えていることが多いので、お風呂上がりには、常温か温かいお湯に⇒ピュアローズウォーターコンクを入れて飲むのをお勧めします。女性は特に下半身の冷えは厳禁!冷房の冷たい空気は重いので下に溜まるし、素足にサンダルだったり、どうしても下半身が冷える条件が揃ってしまうので、出先でも気をつけつつ、帰ったらケアをしっかりしましょうね!