antianti organics

記事一覧(10)

MACOTT式香水の愉しみ方〜パルファムとオーデパの違い編〜

MACOTT式香水の愉しみ方〜香りは恋人?編〜

店舗にご来店のお客様のお話を伺う中で感じたこと。香水を選ぶ時、あれこれ考えて慎重になりすぎている方が案外と多いようです。確かに、MACOTTの香水は他の香水と比べてお値段もはりますし、飽きてしまったら…という心配も生まれるかもしれません。さらに、その慎重さは以下のことから発せられているかと。。。香水が好きで、今までたくさんの香水を試し買いしてこられた方。選んでいるその場ではテンションが上がってついつい衝動買いしてしまうけど、家に帰って落ち着いてみたらなんだかしっくりこなくなって、そのうち使わなくなって結局たんすの肥やしに…とか、電車の中などで、他人の香水の香りで気持ち悪くなった経験がある方。その経験から、自分の香りが周りの人への迷惑になるのではないかと心配してしまう、とか、自分にこの香りが似合っているのか?と他人の評価を気にしすぎてしまう、とか。MACOTTの香水をお選びになる方は、繊細な感性をお持ちの方が多いので、特に、周囲の方へのご配慮から慎重になられていることが多いのかと思います。とても日本人らしい感覚ですよね。あくまで自己アピールはさりげなく。こういったことを気にされる方が多いことに、逆にハッとさせられました。でも、MACOTTの香水は、ファッションやエチケットとして使うというより、自分のためにたのしむという方が多く、癒しとしての役割で、特に寝る前に使うのが最高♪とおっしゃっる方が多いのです。だから、香りを選ぶときは(MACOTTの香水の場合)、ああだこうだ考えずに、その時自分が「コレいい香り。好き♡」とピンときた香りを選んでいただくのが一番です。